インフォメーションInformation

トピックス

工場見学に来て頂きました

京都府私立中学高等学校理科研究会様からオファーを頂き、ご案内させて頂きました。
事前に実施要項を見せて頂きましたが、なんと研究テーマが「リサイクル施設と原子力発電所を訪ねて -エコとエネルギーについて考える-」となってました。

つまり、弊社の炭化リサイクル工場と関西電力の原子力発電所を見学されるんです。最先端の技術と並列に取り扱って頂けるなんて。嬉しいような、恥ずかしいような、困ったような。

こういう工場見学の対応は、私にとっては初めての経験(社長は何度か対応の経験があるみたいですが)なので、準備に充分時間をとり、対応させて頂きました。
すみ花ちゃんのサンプルも準備いたしましたが、それよりも電解凝集材の方が人気がありました。
時間の関係で実演は出来ませんでしたが、木パレットをリサイクルした炭をつかった製品で、工場からの排水中に含まれる懸濁物質除去の説明をさせて頂きました。木パレ受け入れから炭製品が出来るまで、順を追って。もちろん炭化炉も見学して頂きました。
特に電解凝集材の仕組みについて、かなり突っ込んだ質問を頂きました。普段、営業先でする話と同様、かなり専門的な話になりました。100%納得して頂けたかどうかは微妙でしたが、授業に使いたいといって頂けたので、それはそれでよかったのかなと思っています。授業を通して興味をもった生徒さんが、将来もっとよい製品を開発してくれるかもしれない、などと勝手な事を考えてしました。