超高圧ジェット洗浄工法Jet Cleaning

超高圧洗浄機を使用して
設備機器に付着した硬質スケールを除去

設備を長期間使っていると、配管内にスケール(汚れ)が付着してしまいます。
ジェット洗浄を用いることで、効率的にスケールを除去し、設備の稼動効率が上がります。
高圧水発生装置で加圧された高圧水をノズルから噴射し、その時の衝撃力を利用し洗浄を行います。

超高圧ジェット洗浄工法の特徴Feature

  • 超高圧ジェット洗浄機を使用して、パイプ、熱交換機等に付着した様々な硬質スケールを洗浄、除去。
  • パイプ類は高圧ホースの先に、当社のノウハウによってつくられた特殊ノズルを取り付けて洗浄します。
  • 3D CIP洗浄機で取り切れない撹拌羽根の裏側も洗浄。付着物によってサンド、薬品を混入して洗浄可能。
  • 特殊ロータリーノズルで、煙道内部に耐熱材として使用されたアスベストも効率よく除去。
jet-cleaning-02-1

超高圧ジェット洗浄工法の流れFlow

回転ガンによる配管パーツ洗浄

パイプ、タンクに付着した硬質スケールを洗浄する場合は、水の水圧で洗浄します。

ノズルによる精密洗浄

薄膜の除去や特殊スケールの除去等、高度な洗浄技術が必要な場合、ノズルを変えて洗浄を行います。

jet-cleaning-03-3

ノズルによる配管パーツ洗浄

配管パーツ等は、手作業でていねいに洗浄を行います。

ノズルによる配管パーツ洗浄

配管パーツ等は、手作業でていねいに洗浄を行います。

jet-cleaning-03-4

リボイラー洗浄

蒸留塔に使用されるリボイラーの洗浄を行うことも可能です。

jet-cleaning-03-4

リボイラー洗浄

蒸留塔に使用されるリボイラーの洗浄を行うことも可能です。

jet-cleaning-03-5

熱交換器洗浄

さまざまな種類の熱交換器の洗浄も行います。

施工事例Case

コンデンサーチューブ超高圧洗浄

・問題点

大型冷凍機のコンデンサー冷却水チューブ内にシリカが毎年多量に付くため、当初年1回、弊社が下見に行った時は年3回、劇薬のフッ酸により薬品洗浄をしていました。 年が経つにつれて薬品で除去出来ないスケール部分が次第に厚くなり薬品洗浄により取れる量が少なくなり、洗浄による効果があまり出ないため、コンデンサーの取り替えを検討されていました。

・調査・見積

薬品洗浄は銅チューブの表面を激しく侵すため、穴が開く危険性を犯してまで付着物を完全に除去する業者は少なく、どうしても薄皮が残ってしまいます。弊社が下見調査した結果、2,000kgジェット洗浄機で、3日間で除去できると判断いたしました。 金額は年間の洗浄費よりも安く、コンデンサーの取り替えに比べれば桁違いのメリットがあるというあまりにうまい話のため、その効果は担当者でさえも信じておられませんでした。

・実作業・施工結果(コスト比較)

当時弊社が新たに開発したばかりの超高圧回転ノズルで洗浄したため、たった1日で完全に除去してしまいました。しかも以降、年1回洗浄しましょうと決めさせていただいていたのに、完全に除去して鋼管の地肌まで出してしまったために、シリカの付着が少なく、3年目の今も洗浄の仕事をもらえないでいる状態です。

リボイラーチューブ洗浄工事

・問題点

人工革製品製造工場で、製造工程であふれた溶剤をもう一度処理工場に集めて、リボイラーチューブの中を通して溶剤を再生していたのですが、そのチューブにスケールが焼き付き閉塞したため、電動ドリル、エアー式穴開け機などありとあらゆる方法で除去を試みていましたが、25mm×5mのチューブの付着物を除去するのに1日で多くて3本ほどしか出来なかったということでした。

・調査・見積

人工革製品製造工場で、製造工程であふれた原料をもう一度処理工場に集めて、リボイラーチューブの中を通して原料を再生していたのですが、そのチューブに人工皮革の堅い皮が焼き付き閉塞したため、電動ドリル、エアー式穴開け機などありとあらゆる方法で除去を試みていましたが、25mm×5mのチューブの付着物を除去するのに1日で多くて3本ほどしか出来なかったということでした。このような状態では何日で除去できるかというのはさすがに予想さえ出来ませんでしたので、とりあえず1日テスト作業を行った上で、1日いくらという見積もりで提出させていただきました。

・実作業・施工結果(コスト比較)

当初ノズルの選定に時間がかかりましたが、ノズルを決定してからは順調に除去出来るようになり、以前やっていた電動ドリルの刃が折れて入り込んでいるのを除き、およそ400本を10日間で完全除去しました。ドリルの刃が落ち込んでいる分も別の定修日にドリルも含めて完全貫通させました。

下見させていただいた時は、装置はほとんど機能を発揮していない状態だったため、溶剤をリサイクル出来ないだけでなく、費用をかけて廃棄処分していたため、多大のランニングコストがかかっていました。また、リボイラーを数千万かけて取り替える段取りをしていたことから考えると、その効果は絶大なるものがあったと思われます。