品質・環境への取り組みApproach

安全に生き続けられる
住みやすい環境をつくるために

琵琶湖のほとり、人と自然が共存する地域で
アオヤマエコシステムは循環型社会の形成に寄与します

技術力向上への追求

あらゆる環境・条件に合わせられる高度な洗浄技術と独自の特殊洗浄工法で顧客ニーズに対応し、工場内の産業設備のクリーン化を実現、機械性能・商品品質・生産環境の向上を図ります。元の状態に100%戻す洗浄精度を保持し、より精度を高めるために研究と開発を積み重ねながら、メンテナンス計画段階よりお客様の生産・稼働停止時間を減らすべく、効率のよい洗浄でスピードも追求します。

人々が安全に暮らせる社会に

人間にとって安全とは、生き続けられる環境の創造と確保であり、安全かつ快適に暮らし続けるため「持続する循環型経済社会」の形成が急務となっています。我が社は琵琶湖のほとりにあり、人と自然がお互いに影響し合って共存しているモデル地域とも言える環境です。この循環バランスを維持するシステムを創り上げれば、地球上のあらゆるところで応用できると考えます。自然と人間が共生する”ecological economy system”の考えに基づき、安全に生き続けられる社会形成にまい進します。

これからのアオヤマエコシステム

「水の上に浮かんでいると 人間が遠い昔に忘れてきた何かを 思い出させてくれる」創業者である青山章の言葉のように、母なる琵琶湖は人が何を大切にして生きていくべきかを、ときに教えてくれます。豊かな自然に抱かれて暮らし経済活動を営む者の使命として、また循環型社会の一員として、アオヤマエコシステムは、『ちっちゃな仕事で大きな琵琶湖をきれいにしたい』との思いを忘れることなく、今までもこれからも「社会・地域環境との共存」に貢献します。