高圧洗浄コラムColumn

原料配管の超高圧洗浄でコンタミネーション(不純物混入)を防ぐ

製品の品質保持対策として、異物混入の防止活動というものがあります。
こういった製造過程での問題として、原因の多くは同一の生産設備で異なった製品を製造している場合に起こります。
特に原料を配管を通じて供給するような製造ラインの場合、原料配管内に前の原料が残っており、
コンタミネーション(コンタミ)となって不純物が混入してしまいます。
不純物の混入は、商品価値の損失や品質・信頼性の低下、不良品の出荷などを招いてしまう恐れがあります。

こういった原料配管内の残留物によるコンタミネーション(コンタミ)混入問題は、
株式会社アオヤマエコシステムへいただく配管洗浄の依頼案件の中でもやはり一定数ございます。
その理由として多く挙げられるのが、配管内の洗浄は容易に出来る術がないという現状可と思います。
原料配管内の洗浄で多く用いられる工法が原料での押し出しや共洗い、
エアレーションによる洗浄で対応されているお声をよく聞かせていただきます。
しかし、原料配管内の不純物は上記の工法では取り除き切れることが難しく、効果は十分でない場合が多くあります。

その様な場合でも、株式会社アオヤマエコシステムの超高圧ジェット洗浄工法による施工にて、
最小限の配管解体で新品同様の清浄度成果を出すことが可能です。
株式会社アオヤマエコシステムの高圧ジェット工法は、パイプ類の洗浄の際は高圧ホースの先に、
当社のノウハウによってつくられた特殊ノズルを取り付けて洗浄し、原料配管内の残留物を
限りなく洗浄し、コンタミネーション(コンタミ)を排除いたします。

現在の製造ラインの見直し工程の中で、製品へのコンタミネーション(コンタミ)混入でお困りであれば、
一度原料ラインの超高圧洗浄をご検討されてみてはいかがでしょうか。